花粉が飛散し始める2月の終わりごろから対策を取っています。

私は目や鼻に来るタイプなので、外出時はメガネは花粉症用のゴーグルメガネとマスク できるだけ花粉がつかないようなビニールっぽいジャケットを着て出て行きます。

帰ったら家に入る前に体についた花粉を払い 帰ったらうがいと目洗いを念入りに行います。


洗濯物はもちろん家の中に干して花粉が付かないようにしています。空気清浄機もかかせません。フル稼働で動いています。
冬の乾燥対策はやはり、保湿です。

朝は洗顔フォームとお湯は使わず、冷たい水で洗っています。
その方が余計に皮脂を取らないし、肌も引き締まって良いです。

洗顔後は、化粧水をたっぷり使用し、乳液、保湿のクリームは欠かせません。
また手荒れもひどくなるので、早めに秋頃からゴム手袋をして食器洗いをしています。
それでも手荒れが気になる時は、夜寝る前にハンドクリームをたっぷり塗って、
綿の手袋をして寝ます。そうすると、翌朝には手がしっとりして治っています。
私は肌のべたつきが嫌でべたつきが取れるように入念に洗顔をしていましたが、それは失敗というか間違いでした。お肌がつっぱるだけではなく余計にべたつくようになりました。そうなると洗顔→べたつく→洗顔の繰り返しになってしまい以前よりべたつくように感じました。乾燥すると油分をだしてお肌を守ろうとする働きがあるようで、それを知ってからは洗顔はとにかく一杯泡立てて優しくなでる程度に顔を洗い、30秒以内には洗い流すようにしてみました。すると程よく油分が残ってつっぱり感はなく、べたつきも軽減していきました。それから今までは大ざっぱに手に化粧水をとってパシャパシャとケアしていましたが、コットンに化粧水を浸み込ませて丁寧にケアするようにしてみたところ乾燥しずらい効果を感じるようになりました。そして時間のある時は必ず蒸しタオルで顔全体の血行を良くするようにしています。そして1日なるべく2リットルのお水を飲むように努力しています。手足や体の乾燥には毎年ビタミンクリームを愛用しています、とても効果的でお気に入りです。少し手間がかかっても丁寧にケアする習慣をつけることが乾燥肌の対策につながると思います。
また、化粧水でしっかり保湿することも大切です。こちらのサイトでは「大人ニキビ」に効果がある化粧水をランキングで紹介しているので参考になると思います。